成年年齢引き下げ後の成人式について

更新日:2022年03月04日

民法の一部が改正され、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることに伴い、市では、令和4年度以降の成人式について検討してまいりましたが、対象年齢や式典の名称などについて、次のとおりとすることといたしました。

開催期日

現行どおり毎年1月4日におこないます。

対象年齢

20歳のかたを対象とします。

対象者の詳細
開催年月(年度) 対象者
令和5年1月(令和4年度) 平成14年4月2日から平成15年4月1日生まれのかた
令和6年1月(令和5年度) 平成15年4月2日から平成16年4月1日生まれのかた
令和7年1月(令和6年度) 平成16年4月2日から平成17年4月1日生まれのかた

対象者を「20歳」とした主な理由

  • 18歳を対象とした場合、対象者の多くが進学や就職など進路選択の大事な時期と重なることから、式典への参加は容易ではないと思われるため。
  • 20歳での成人式が定着していることや、飲酒および喫煙の年齢制限が取り払われる節目でもあるため。
  • 令和4年度中に18歳および19歳に達するかたとその保護者および阿久根市社会教育委員を対象に実施したアンケートの結果、「20歳を対象に実施したほうがよい」との意見が最も多かったため。

式典の名称

二十歳(はたち)のつどい

式典の名称を「二十歳のつどい」とした主な理由

  • 20歳になったことをお祝いする会とするため。
  • 民法上の成年年齢(18歳)と区別するため。
この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 社会教育係
〒899‐1696 鹿児島県阿久根市鶴見町200番地
電話番号:0996‐72‐1051
ファックス:0996‐72‐3688