住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金

更新日:2022年01月19日

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、さまざまな困難に直面した方々が速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、令和3年度住民税非課税世帯などに対して「臨時特別給付金(1世帯あたり10万円)」が給付されることとなりました。

住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金の案内のおもて面の画像 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金の案内のうら面の画像

支給対象世帯

次の「住民税非課税世帯」または「家計急変世帯」のいずれかに該当する世帯。なお、「住民税非課税世帯」「家計急変世帯」ともに、住民税均等割が課税されているかたの扶養親族などのみで構成される世帯は支給の対象外となります。

住民税非課税世帯

令和3年12月10日時点で阿久根市に住民登録があり、かつ、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯。

家計急変世帯

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月から令和4年9月30日までの間に家計が急変し、世帯全員のそれぞれの1年間の収入見込額が、住民税非課税水準に相当する額以下となる世帯。

支給額

1世帯あたり10万円(住民税非課税世帯、家計急変世帯を問わず支給は1世帯1回限り)

支給手続き

次のとおり支給対象世帯ごとに支給手続きが異なりますのでご注意ください。

住民税非課税世帯

対象となる世帯には、阿久根市から確認書などの関係書類を送付します。確認書には特別定額給付金(10万円)を支給した際にお伺いした口座番号などが記載してあります。

口座番号に変更がないかなど確認書の内容を確認いただき、市が確認書を送付した日から3か月以内に確認書を返信用封筒に入れて返送してください。

返送いただいた確認書の内容を審査のうえ、順次、給付金を指定口座へ振り込みます。

家計急変世帯

申請時点で住民登録がある市区町村へ申請が必要となります。世帯全員が令和3年1月から令和4年9月30日までの任意の1か月の収入を12倍した額が住民税非課税相当になる世帯が対象です。該当する月の給料明細などをご用意ください。

令和4年2月1日(火曜日)から令和4年9月30日(金曜日)までに次の申請書に必要事項を記入し、必要書類を添えて持参または郵送にて提出してください。

提出していただいた書類をもとに支給要件に該当するか審査のうえ、順次、給付金を指定口座へ振り込みます。

注意:新型コロナウイルス感染症の影響ではない収入減により給付を申請した場合は、不正受給(詐欺罪)に問われる場合があります。

ご自宅にプリンターをお持ちでないかたへ

コンビニエンスストアの有料プリントサービスを利用して印刷することができます。詳しくはリンク(外部サイト)をご確認ください。

プリントサービス一覧
ネットワークプリントサービス
  • ファミリーマート
  • ローソン など
netprint(ネットプリント) セブン‐イレブン

申請窓口

福祉課 福祉係(受付時間:平日の午前8時30分から午後5時15分)

留意事項

  • 申請内容に不備がある場合は給付金の支給が遅れることがあります。
  • 世帯主以外の口座には給付金の振り込みはできません。
  • 配偶者やその他の親族などからの暴力を理由に避難しているかたで、令和3年12月10日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができなかった場合は、所定の手続きをしていただくことで給付金を受け取ることができる場合があります。詳しくは、福祉課 福祉係までお問い合わせください。

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金に関する「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください。ご自宅や職場などに市から問い合わせをおこなうことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに市の窓口または最寄りの警察にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 福祉係
〒899‐1696 鹿児島県阿久根市鶴見町200番地
電話番号:0996‐73‐1240
ファックス:0996‐73‐0297